KAZUHIRO171013015 TP V

体臭や口臭などの臭いの原因

臭いに関する情報まとめ

皮脂や汗は、分泌されたばかりではほぼ無臭ですが、時間が経って皮膚常在菌が作用することにより、これらに含まれる脂質やタンパク質、アミノ酸などの成分が酸化、分解されて、不快なニオイのするガス(揮発性成分)を発するようになるのです。これまでに数百種以上の体臭の成分が確認されています。 https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/24_taisyuu/

サラサラ汗が理想的! 日頃からあまり汗をかかない生活をしている方は、汗腺機能が弱まり、ベタベタしてニオイがきつい汗が出やすくなります。毎日の入浴やウォーキングなどの有酸素運動で汗をかくことで汗腺を鍛えて、ニオイの少ないサラサラ汗を目指しましょう。 https://www.d-yutaka.co.jp/blog/health_and_beauty/1707clean/

肝臓にはオルニチン回路というものがあります。たんぱく質を分解する過程で、有害物質のアンモニアが生じます。アンモニアは肝臓中のオルニチンと反応し、無害な尿素に変換してくれるのです。しかし、肝機能が低下していると、オルニチン回路がうまく機能せず、アンモニアの分解能力は低下します。分解されなかったアンモニアの一部は血液中から汗となり、ツンとしたアンモニア臭が漂います。 https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/201707.html

梅雨

大雨による避難指示

九州で大雨が続いていて、鹿児島市などの人口が多い場所でも避難指示で出ている。 避難指示が出たとはいえ、60万人近い人がすべて避難することは可能なのか疑問が残るところ。場所によっては自宅のほうが安全な場合もあるので、判断が難しいところ。

特に体育館などに大勢の人が集まると室温も上がり、熱中症になってしまうリスクも出てきてしまう。避難所に行く際は、水分補給できる飲み物、特にスポーツドリンクや経口補水液などがあると、熱中症対策が少しはできると思う。

役立ちサイト